フランス・プロリーグ機構(LFP)の懲戒委員会の責任者を務めるセバスティアン・デヌー氏が、ネイマールが関わる人種差別発言の調査についてコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。

LFPは9月30日に懲戒委員会を実施。人種差別問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに関して処分なしと発表した。

両チーム合わせて5名の退場者を出していた9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”。すでに多くの選手に処分が下っている中、ネイマールが主張したアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言について追加調査が行われていた。

LFPは「事件調査し、選手、クラブの代表者の意見を聞いた結果、アルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言を立証するのに十分説得力のある証拠がない」とし、両者への追加処分なしと発表していた。

事の発端は、試合後にネイマールがアルバロ・ゴンサレスから「いいかげん口を閉じろ、汚い猿め!」と言われたと主張したところから始まった。

この件に対してアルバロ・ゴンサレスが人種差別発言はしていないと発表。一方で、ネイマールが日本代表DF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と人種差別発言を行なっていると報じられ、両者が人種差別を行なったことが大きく取り上げられていた。

今回の処分なしの決定について、デヌー氏がコメント。処分なしは言い分が異なっていたことが理由とし、証拠の信憑性が低かったとした。

「最初の調査では、レフェリー、クラブの代表からこれらの差別的な発言や侮辱に関連する要素は公式報告に含まれていなかった」

「2度目は、2人の選手の発言は、ほぼ全ての点で反対であるということだった。互いに交わされた発言の性質を明確かつ正確に立証することができる証拠は何もなかった」

「選手の発言と相関関係はなかった。さらに、専門家は、証拠そのものが30%しか信頼できないことを明確にした。これでは、どちらかの選手に利益を与えるには疑いの余地が残る」

また、酒井宏樹に対するネイマールの発言が問題視されなかったことについては、「委員会は、主にネイマールとアルバロ(・ゴンサレス)の間の発言にフォーカスしていた」と語り、酒井への発言に対しては十分な検証が行われていないことを明かした。

ネイマールの酒井への人種差別発言については、スペイン『カデナ・セル』のラジオ番組『El Larguero』がそのシーンの動画を公開。世界中で大きな話題を集め、重い処分が下されると予想されていた。