人種差別発言の疑いが持たれていたマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが、不処分決定を受けてコメントを残した。

9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”において、両チーム合わせた5人の退場者のうちの1人だったアルバロ・ゴンサレス。試合中、PSGのFWネイマールに人種差別発言をしたとして衝突となり、共倒れで退場に。試合後、両選手には2試合の出場停止処分が下されたが、人種差別発言に関する調査は続いていた。

しかしフランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日に、証拠不十分でアルバロ・ゴンサレスへの処分は見送ることを発表。同時に、マルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対する「クソ中国人」発言が疑われていたネイマールも処分なしという結末となった。

これを受けて、アルバロ・ゴンサレスは地震の公式ツイッターで安堵の胸をなでおろすとともに、無実を主張したクラブとサポーターに感謝の意を示した。

「当然の判決により、この悪夢は部分的に報われることになった。僕は決して人種差別主義者ではないし、これからも絶対にならない。マルセイユの信頼と忠誠に深く感謝する。そして、サポーターの多大なる支援と愛情にも感謝を。芝生の上で会おう」