ラツィオは1日、SPALからアルジェリア代表MFモハメド・ファレス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。

ボルドーやエラス・ヴェローナの下部組織で育ったファレスは、2015年7月にヴェローナのファーストチームへ昇格。2018年7月にSPALへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。

ヴェローナで公式戦64試合に出場し1ゴール3アシストを記録していたファレスは、左サイドの全てのポジションでプレー。しかし、2019-20シーズンはケガに悩まされシーズンの大半を棒に振り、セリエAで8試合の出場に終わっていた。