【明治安田生命J1リーグ第20節】
2020年10月3日(土)
16:00キックオフ
横浜FC(13位/20pt) vs 柏レイソル(8位/30pt)
[ニッパツ三ツ沢球技場]

◆監督の古巣戦、今季2度目の連勝なるか【横浜FC】

前節はアウェイで浦和レッズと対戦し、0-2で快勝を収めた。下部組織出身の松尾佑介が躍動。2つのゴールで古巣相手に成長した姿を見せつけ、チームを勝利に導いた。

後半戦の初戦では、三浦知良のJ1最年長記録達成試合として注目を集めたが、首位の川崎フロンターレを相手に3-2と打ち合った。結果こそ敗れたが掴んだ自信は大きく、浦和戦でその自信を結果に繋げたように思う。

試合内容とは裏腹に結果がついてこない横浜FCだが、2巡目の巻き返しは十分可能。ここから勝ち点を積み上げれば、一桁順位も今年は狙えるほど団子状態だ。まずは目の前の試合を1つずつ勝っていくことになるだろう。

昨シーズンのJ2でも対戦した柏が相手だが、下平隆宏監督にとっては古巣対決。しかも、去年から2戦2勝と相性は良い。第3節では1-3で快勝しているが、そこから約3カ月が経過しているが、同じ結果を残せるか。同じく古巣対決となり浦和戦で決定的な仕事もしたレアンドロ・ドミンゲスにも注目だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:六反勇治
DF:マギーニョ、田代真一、小林友希、袴田裕太郎
MF:松浦拓弥、安永玲央、佐藤謙介、松尾佑介
FW:レアンドロ・ドミンゲス、皆川佑介
監督:下平隆宏
※手塚康平は契約上出場不可

◆悔しい逆転負け、団子の中位から脱出なるか【柏レイソル】

前節は横浜F・マリノスをホームに迎えた中、先制するも後半に連続失点を喫して逆転負け。連勝を逃した。

この試合、なんとか耐えて試合を進めていたがラスト15分で3失点とチームとしての粘り強さが足りなかった印象。その中でも、プレスのかけどころ、ボールの奪いどころがなかなか見つけられなくなったことが敗因と言えるだろう。

そういった点では、不運な負傷交代となり重傷を負った戸嶋祥郎を失った影響は大きかった。またピッチで元気な姿を見せてもらいたいが、柏はメンタル面の回復も求められる一戦となる。

個々の能力は横浜FMほどではないが、ポゼッションには長けている横浜FCが相手。守備でハメることができれば勝機も見えるが、前節同様に取りどころを見つけられなければやられる可能性は高い。まずはしっかりと勝利を収めたいところだ。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:キム・スンギュ
DF:大南拓磨、山下達也、古賀太陽
MF:北爪健吾、大谷秀和、三原雅俊、三丸拡
MF:仲間隼斗、江坂任
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ