プレミアリーグ第4節、マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムが日本時間4日24:30にオールド・トラッフォードでキックオフされる。開幕黒星スタートと難しい船出となった両雄が、浮上のキッカケを探る序盤戦のビッグマッチだ。

昨季、逆転で3位フィニッシュを成し遂げたユナイテッドは、リバプールとマンチェスター・シティの2強との大きな溝を埋めるため積極補強が期待された。しかし、蓋を開けてみれば、ここまで獲得した新戦力はMFファン・デ・ベークのみ。今月5日に移籍市場閉幕が差し迫る中、ここに来てフリーの大物カバーニの獲得が決定的な状況だが、目玉のMFサンチョはおろか、センターバックや左サイドバックといった優先度の高いポジションの補強も進んでいない。

それでも、ピッチ上でのパフォーマンスが良好であれば、大きな不満は出なかったが、ホームでの開幕戦ではクリスタル・パレスにまさかの完敗。さらに、前節のブライトン戦では“試合終了後”の劇的PK弾で競り勝ったものの、パフォーマンス自体は低調で、識者・ファンからは早くも今季の行く末を危ぶむ声も出始めている。そのため、前指揮官をホームで迎え撃つこのビッグマッチでは勝ち点3奪取が必須だ。

一方、途中就任のモウリーニョ監督の下、昨季を6位フィニッシュしたトッテナムは、宿敵アーセナルのFAカップ制覇に伴い、今季はヨーロッパリーグ(EL)予備予選からの参戦となり、いきなり超過密日程を強いられることになった。EFLカップ3回戦のレイトン・オリエント戦は相手に複数の新型コロナウイルス陽性者が出たことで不戦勝となったが、9月13日から今回の一戦まで約3週間で公式戦8試合をこなす日程となっており、EL予選の2試合ではブルガリア、北マケドニアへの長距離遠征も経験していた。

そういった日程面のディスアドバンテージもあり、開幕戦ではエバートンに敗れ、前節のニューカッスル戦では物議を醸す試合終了間際のPKにより1-1のドローに終わり、リーグ戦では1勝1敗1分けの難しいスタートに。それでも、3日間で2試合をこなした直近のEFLカップ、ELプレーオフではチェルシーをPK戦で破り、マッカビ・ハイファに今季最多の7ゴールを奪って完勝。百戦錬磨のモウリーニョのチームらしい勝負強さを見せ始めている。また、ユナイテッドと異なり、緊縮財政が囁かされた市場においてはベイルの電撃復帰など、ここまで6選手を新たに加えており、今回のユナイテッド戦を乗り切れば、今後の4つのコンペティションを十分に戦い抜けるスカッドへ仕上がっていくはずだ。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン(C)CWS Brains,LTD.
GK:デ・ヘア
DF:ワン=ビサカ、バイリー、マグワイア、ショー
MF:マティッチ、ポグバ
MF:グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォード
FW:マルシャル

負傷者:DFトゥアンゼベ、DFフィル・ジョーンズ、DFマグワイア、MFブルーノ・フェルナンデス
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してトゥアンゼベ、フィル・ジョーンズの控えDF2選手が引き続き欠場となる。一方、軽度の打撲を抱えるマグワイア、ブルーノ・フェルナンデスの起用は問題ないようだ。

マタの1ゴール1アシストの活躍により3-0で完勝したEFLカップのブライトン戦では大幅にメンバーを入れ替えており、中7日という休養十分の主力が揃ってスタメンに復帰するはずだ。ただ、低調なパフォーマンスを指摘されるリンデロフに代わってバイリーが起用される可能性が高い。また、2セントラルMFに関してはEFLカップで上々のパフォーマンスを見せたファン・デ・ベーク、フレッジあたりにチャンスがあるかもしれない。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】
トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ロリス
DF:ドハーティ、D・サンチェス、ダイアー、レギロン
MF:ホイビュルク、エンドンベレ
MF:ラメラ、ロ・チェルソ、ルーカス・モウラ
FW:ケイン

負傷者:FWベイル、ソン・フンミン
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはベイルの欠場が確定。一方、ニューカッスル戦でハムストリングを痛めたソン・フンミンに関しては新加入のカルロス・ヴィニシウスと共に遠征メンバー入りが報じられており、起用できる可能性がある。

直近の公式戦2試合で[3-5-2]、[4-2-3-1(4-3-3)]の2つの布陣を併用しており、起用可能なメンバー次第では前者の採用も考えられるが、より成熟度が高い後者の布陣が濃厚だ。スタメンに関しては超過密日程により、各選手のコンディションが不透明だが、前述のメンバーを予想する。

★注目選手
◆マンチェスター・ユナイテッド:FWマーカス・ラッシュフォード
Getty Images
ユナイテッドの注目プレーヤーはエースのラッシュフォードだ。昨シーズン、ケガに悩まされながらもキャリアハイのリーグ戦17ゴールを挙げるなど、充実の1年を過ごした22歳は、今季更なる飛躍が期待される。開幕戦では不発に終わるも、格下相手のEFLカップ初戦で今季初ゴールを挙げると、前節のブライトン戦では複数の相手DF、GKを翻弄する圧巻のソロゴールを決めて調子を上げてきている。

今季ここまでは最前線に入るマルシャルのパフォーマンスが上がり切らず、頼れる後輩のグリーンウッドもピッチ外での愚行によって少なからずメンタル面にダメージを抱えており、本調子ではない。そういった状況において、絶対的司令塔のブルーノ・フェルナンデスと共に攻撃を牽引する働きが求められる。対戦相手のトッテナムは前回対戦こそ不発に終わったものの、それ以前の2試合でいずれも決勝点を挙げるなど、個人として相性が良い相手だ。トッテナムは今季に入って得点が多い一方、守備面では過密日程の影響もあって切り替えの鈍さや集中力を欠く場面も散見されており、付け入る隙は十分にあるはずだ。また、攻撃面の貢献と共に課題の守備面でも献身性を発揮したい。

◆トッテナム:MFタンギ・エンドンベレ
Getty Images
トッテナムの注目プレーヤーは覚醒の気配を漂わすエンドンベレだ。昨季、クラブ史上最高額でリヨンから加入し、デビュー戦ではいきなりゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾った。しかし、以降は細かなケガに悩まされて徐々に序列を下げると、規律を重視するポルトガル人指揮官の下では不用意なボールロスト、守備の緩さ、戦術理解度の低さを理由に公の場で批判を浴びることも少なくなかった。そのため、今夏の移籍市場ではバルセロナやインテルなどへの放出の可能性が盛んに取り沙汰されたが、ここに来てモウリーニョ監督から信頼を得始めている。

今季ここまでは公式戦6試合1ゴールと数字面で目立った活躍は見せていないが、卓越したボールキープ、強さとしなやかさを兼ね備えたドリブル、局面を変える鋭い縦パスなど、プレーの連続性に磨きがかかっており、ロ・チェルソと共に前線と中盤を繋ぐリンクマンとして質の高いパフォーマンスを続けている。課題の守備でも指揮官が求める水準に達しており、タイプは異なるものの、ムサ・デンベレの後継者候補として台頭している。ユナイテッド戦では先発か、途中出場かは微妙なところだが、代表でポジションを争うポグバらを相手に一歩も引かない堂々たるパフォーマンスを期待したい。