ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)がマンチェスター・ユナイテッドに移籍しそうだ。イギリスの複数メディアが大々的に報じている。

イギリス有力メディア『BBC』も「ユナイテッドが元パリ・サンジェルマン(PSG)のストライカーと契約の契約に向かう」との見出しでオールド・トラフォード行きに迫る状況を指摘した。

「元PSGのストライカーであるカバーニがユナイテッド加入のため、4日にもイングランドに渡る。交渉中であり、まだ契約に至っていないが、2年契約で加入する可能性が高まっている」

カバーニは2013年夏にナポリからPSGに加わり、クラブ歴代最多得点の公式戦通算200ゴールをするなど、長らくエースストライカーとして活躍。今夏に契約が切れ、フリーの状況だった。

また、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏もカバーニのユナイテッド入りに向かっていると主張。代理人とは個人条件で合意に至り、4日にもマンチェスター入りする模様だ。

ユナイテッドは現在、FWマーカス・ラッシュフォード、FWアントニー・マルシャル、FWメイソン・グリーンウッド、FWオディオン・イガロでストライカー陣を形成している。

しかし、上海申花からレンタル加入のイガロは来冬の退団が既定路線。そこでほかのポジション強化とともに、新たなストライカーの獲得にも動いていたものとみられる。