ユベントスは3日、ウディネーゼのイタリア代表MFロランド・マンドラゴラ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。

ユベントスは2025年6月30日までの5年契約を締結。2020-21シーズン、2021-22シーズンにウディネーゼが支払う予定だった1070万ユーロ(約13億2000万円)を支払い獲得したとのことだ。

ジェノアやペスカーラでプレーしたマンドラゴラは、2016年1月にユベントスへ完全移籍。その後も、ペスカーラ、クロトーネへとレンタル移籍を繰り返し、2018年7月にウディネーゼへ完全移籍していた。

ウディネーゼでは公式戦64試合に出場し6ゴール4アシストを記録。2019-20シーズンはセリエAで26試合に出場し3アシストを記録していた。

なお、マンドラゴラは2020-21シーズンはウディネーゼに無料でレンタル移籍するとのこと。2021-22シーズンもレンタル期間延長のオプションが付いているとのことだ。

さらに、レンタル期間中にウディネーゼで定められた目標が達成された場合、最大で約600万ユーロ(約7億4000万円)を受け取ることになる。