ナポリは5日、チェルシーに所属するフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得した。

2017年夏にモナコから4000万ポンド(約53億円)でチェルシーに加入したバカヨコだが、レギュラーを確保出来ず、2018年の夏にミラン、昨夏は古巣のモナコにレンタル移籍。昨季モナコでは、公式戦23試合出場1ゴールをマークした。

今季もフランク・ランパード監督の構想外となっていたバカヨコには、ミランやパリ・サンジェルマン、ヘルタ・ベルリンらが関心を示していたが、ブラジル代表MFアランの移籍により中盤の補強を目指していたナポリが争奪戦を制した。

なお、ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督にとって、バカヨコは2018-19シーズンのミラン時代に指導した教え子であり、2シーズンぶりの再会となる。