ウェストハムは5日、元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)との双方合意による契約解消を発表した。

イングランド代表として34試合2ゴールを記録するウィルシャーは2018年夏にアーセナルとの契約が満了となり、3年契約でウェストハム入り。しかし、アーセナル時代と同じくケガに苦しみ、在籍2年間で公式戦19試合1ゴールという成績にとどまり、今夏に新天地を求める見方が強まっている状況だった。

ウィルシャーとの別れを発表したウェストハムは「ウェストハム・ユナイテッドの全員がジャックのベストを願っている」と綴り、今後の成功を祈願。なお、ウィルシャーを巡ってはジェノアからの関心が取り沙汰されている。

また、ウェストハムは同日、アイルランド代表MFジョシュ・カレン(24)がアンデルレヒトに完全移籍する旨も併せて発表している。

カレンはウェストハム下部組織出身で2015年7月にトップチームデビュー。その後、ブラッドフォード、ボルトン、チャールトンといったイングランド下部リーグに属するクラブへのレンタル移籍を繰り返していた。