ミランは5日、クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ(24)の退団を発表した。双方合意での契約解除とのことだ。

ハリロビッチは、母国のディナモ・ザグレブの下部組織で育ち、2014年7月にバルセロナBへと移籍。2015年7月にファーストチームへ昇格していた。

そのままスポルティング・ヒホンへレンタル移籍すると、2016年7月にハングブルガーSVへ完全移籍。ラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2018年7月にミランへ完全移籍した。

ミラン加入後もレンタル移籍は続き、スタンダール・リエージュ、ヘーレンフェーンでプレー。2019-20シーズンはエールディビジで17試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。

キャリア通算では、ラ・リーガで74試合に出場し5ゴール9アシスト、ブンデスリーガで6試合に出場。ミランでは公式戦3試合に出場も、セリエAに出場したことはなかった。