今夏の移籍市場で、アーセナルからアストン・ビラに移籍したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣への想いをイギリス『インデペンデント』で語った。

マルティネスは2009年に母国のCAインデペンディエンテからアーセナルのユースチームに移籍。同クラブでの在籍期間は11年にもなるが、そのほとんどをレンタル先のクラブで過ごした。転機が訪れたのは、昨シーズン終盤。正GKを務めていたドイツ代表GKベルント・レノが負傷によって長期離脱したことで、マルティネスにチャンスが回ってきた。

すると、マルティネスは安定したセービングと精度の高いキックを披露するなど、好パフォーマンスを継続し、FAカップ優勝にも貢献。この活躍により、ファンの心をがっちりとつかんだ。一見すると、突然訪れたチャンスを見事に活かし切ったシンデレラストーリーのようにも感じるが、マルティネスにとっては周到な準備の末に掴んだ必然の出来事だったという。

「やっとNo.1になることができた。だけど、準備はできていたんだ。そこにたどり着くまでに10年かかったけどね。ゴールキーパーとして毎日トレーニングしていても、誰も人生の物語のための準備はできないんだ」

「4カ月間も全くプレーできなければ、このまま続けられるのか、精神的に参ってしまうのか、自問自答することもある。何年もかけてもっとたくさんのことをすることができたと思うけど、ようやく世界が僕を見つけてくれたよ」

また、アストン・ビラからの関心は休暇明けの時点で、すでに理解していたものの、移籍を真剣に検討し始めたのは、スタメン出場で再びタイトルを勝ち取ったコミュニティ・シールドの後だったという。

「あの試合で良いプレーをすれば、No.1になれると思っていたけど、その後もリーグ戦で誰がスタートになるのかはっきりとしていなかった」

「次のフルアム戦(開幕戦)では95%スタメンだと言われていたんだ。だけど、そのときに『なんで100%じゃないんだ』って思ってしまったんだ。そこで違和感を覚えて、皆が僕に残ってほしいと言ってくれたけど移籍を決断したよ」

「そのときは動揺したり感情的になったりもしなかったし、自分がここまでやってきたことを誇りに思っていたんだ。アーセナルにやってきたとき、僕の前には他に9人のキーパーがいたんだ。だから、毎年自分の価値を証明し続ける必要があった。でも最後は、No.1として去ることができた。僕のアーセナルでの物語はそこで終わりを迎えたんだ」

「ミケル(・アルテタ)にはメールで伝えた。感謝と共に、『僕がトロフィーを獲得できたのは、あなたがトレーニングを仕切り、チームを変えてくれたからだ』と言ったよ」

「彼のプロセスをとても信頼しているし、彼の現役時代から普通の人と異なるものを持っていると思っていたんだ。もちろん、リオネル・メッシのように、彼をトッププレーヤーとして見ているわけではないけど、トップコーチとして見ている。彼にはこれから証明しなければならないことがたくさんあるし、彼の成功を祈っているよ。アーセナルのみんなを愛しているし、感謝しているよ」

その後、マルティネスはアストン・ビラへ移籍。イギリス『BBC』などによれば、移籍金は2000万ポンド(約27億円)となり、アルゼンチン選手史上最も高価なGKになったことを意味する。

移籍後は守護神としてゴールマウスを守り、王者リバプールを7-2で破った直近の試合でも活躍。今回の移籍は早くも大成功の兆しを見せているが、幾つかの選択肢があった中、自身の「直感」に従ってアストン・ビラ行きを選んだという。

「自分のキャリアにおいて初めて直感に従ったんだ。サインをする前に深呼吸をして、『何が起こっても振り返らない』と決めていたんだ。多くのクラブを断って、ここでの最初のゲーム(シェフィールド・ユナイテッド戦)ではPKをセーブしてマン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスを見せられた」

「ここが今の自分の居場所なんだ。つい先日妻には話をしたんだけど、僕は今、またサッカーに恋をしているようなんだ」