トッテナムに所属するスペイン代表DFセルヒオ・レギロンが先日のポルトガル代表戦で負傷したようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

レギロンは7日に行われたポルトガルとの国際親善試合(0-0でドロー)に先発出場。だが、前半のみの出場となり、DFホセ・ガヤが後半からプレーしていた。

同じタイミングで他に2選手が交代となっており、当初は予定通りの選手交代かに思われたが、スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督は同試合後、スペイン『EFE Noticias』でレギロンに負傷の可能性があることを認めた。

「ドクターによる診察を必要とすることは我々にとって打撃だ」

「ケガが複雑なものではないことを願っている」

昨シーズンのセビージャで台頭し、今夏レアル・マドリーからトッテナムに活躍の場を移したレギロンは、EFLカップのチェルシー戦、直近のプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で攻守にハイレベルのパフォーマンスを披露。

現時点で負傷箇所や状態は明らかになっていないが、スパーズを率いるジョゼ・モウリーニョ監督にとっては大きな懸念材料となりそうだ。