UEFAネーションズリーグ2020-21 リーグB グループ4第3節のアイルランド代表vsウェールズ代表が11日に行われ、0-0で引き分けた。

1分け1敗スタートのアイルランドと2連勝スタートのウェールズによる隣国対決。

ドハーティやヘンドリック、ロングらがスタメンとなったアイルランドと、ラムジーやダニエル・ジェームズ、ベン・デイビスらがスタメンとなったウェールズの一戦は、ホームのアイルランドがポゼッションする展開で立ち上がっていく。

そんな中27分、ウェールズはウィルソンのコントロールシュートでオンターゲットを記録。

牽制されたアイルランドは前半半ば以降、33分にブレイディが、43分にロバーツがそれぞれ際どいミドルシュートを浴びせるも枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、ウェールズがポゼッションする展開で立ち上がった中、55分にアイルランドに決定機。しかし、ロングの決定的なヘディングシュートは枠を捉えきれなかった。

後半半ば過ぎ、互いに選手を交代していったものの、試合は膠着状態へ。そんな中、83分に危険なスライディングタックルを仕掛けたマクリーンに2枚目のイエローカードが提示され、アイルランドに退場者が。

数的優位となったウェールズが終盤にかけては押し込む展開となったものの、チャンスを生み出すには至らず、勝ち点1を分け合っている。