中国スーパーリーグに所属する大連人職業は12日、フェネルバフチェからブラジル人MFジェイウソン・シケイラ(25)を完全移籍で獲得した。背番号は「12」を着用する。

移籍金や契約期間などは明かされていないが、フランス『レキップ』によれば移籍金は450万ユーロ(約5億6000万円)とのことだ。

グレミオの下部組織出身のジェイウソンは、2015年にレンタル移籍で加入したシャペコエンセでプロデビュー。2016年1月にグレミオに復帰すると、2年半で公式戦80試合に出場し4ゴール1アシストを記録。

2018年6月から加入したフェネルバフチェでは、本職の守備的MFだけでなくセンターバックでもプレーし、これまで公式戦63試合に出場していた。

ジェイウソンが加入する大連人職業は、名将ラファエル・ベニテス監督が指揮官を務めており、スロバキア代表MFマレク・ハムシクやベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンらが在籍している。

なお、今シーズンの中国スーパーリーグは新型コロナウイルスの影響でレギュレーションが通常の16チームによるホーム&アウェイ制から、蘇州と大連の2都市で2グループに分けてのグループステージ方式に変更。そんな中、大連人職業はグループAで2勝7敗5分けと大きく負け越し、7位で残留プレーオフに回ることとなった。

そして、17日に残留をかけたプレーオフ初戦でグループBで6位の石家荘永昌と対戦する。