ウェストハムは12日、ワトフォードからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(30)を1年間のレンタル移籍で獲得した。

189cmの恵まれた体躯に豊富な運動量、身体能力を併せ持つセンターバックのドーソンは、2010年にロッチデールからWBAへ加入。WBAでは長年レギュラーとして活躍し在籍8年間で公式戦225試合に出場し15ゴール12アシストをマーク。

2019年夏にワトフォードに移籍すると、昨シーズンもプレミアリーグ29試合に出場し2ゴールを記録。しかし、クラブは19位でシーズンを終え、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格していた。

なお、ヨーロッパの夏の移籍市場は10月5日に閉幕しているが、イングランドではプレミアリーグとEFLのクラブ(イングランド2部〜4部)の間に限り、10月16日まで移籍が認められている。