明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスが14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、1-1のドローに終わった。

前節のアウェイFC東京戦を2001年以来の勝利で飾り、今季最長の6連勝を達成した4位G大阪。鬼門攻略にゴールという形で貢献した古巣戦のアデミウソンがベンチからのスタートになったが、小野瀬を3試合ぶりに先発起用して、昨季王者を迎え撃った。対する6位横浜FMは2連勝を目指す今節だが、主将の喜田が出場停止となり、チアゴ・マルチンスも前節に続いて欠場。マルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの強力アタッカーをスタートから送り出した。

互いの攻撃姿勢がぶつかり合った試合はG大阪が鋭いフォアチェックで上回る入りとなるが、横浜FMも次第にボールを動かし始め、盛り返す構図に。横浜FMはマルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの好機を立て続けに作り出す時間帯もあったが、G大阪もGK東口やキム・ヨングォンの好対応で凌ぐ。

やた守りを強いられ、攻め返したいG大阪も24分、前線のパトリックがGK東口のゴールキックを頭で落とすと、回収した宇佐美がワンタッチで相手DFを交わして、ボックス右から右足でフィニッシュに持ち込む形を作り出して反攻。しかし、この場面はGK梶川の好守に遭って、先制ゴールに繋がらない。

すると、その2分後に横浜FMがミスを突いて先取する。敵陣中央で山本からボールを奪ったエリキがゴール右に侵攻したマルコス・ジュニオールにパス。マルコス・ジュニオールのシュートはGG東口のビッグセーブに遭うが、その跳ね返りがマルコス・ジュニオール自らに当たり、再度の跳ね返りがキム・ヨングォンの顔面にディフレクトして、G大阪のゴールマウスに吸い込まれた。

失点後も悪くない戦いを続けるG大阪はなかなか攻めがゴールに繋がらない状況が続いたが、前半アディショナルタイム1分に井手口が相手最終ラインの背後に浮き球パスを出すと、ボックス右に抜け出した宇佐美が相手GKと交錯してPKのチャンス。キッカーの宇佐美がしっかり決めた。

先制こそしたものの、ボール保持率やパス数でもG大阪と遜色のなく、主導権を握り切れない戦いが続き、前半のうちに追いつかれてしまった横浜FM。後半の入りから仕切り直したいところだったが、前半に同じく鋭い攻守の切り替えで効率よくセカンドボールを回収するG大阪のペースが続く。

そのG大阪は横浜FMのお株を奪うような能動的な見解を続けるなか、59分に味方とのパス交換でボックス右深くに侵攻した高尾の折り返しから山本が右足ダイレクト。この場面は相手DFのブロックもあって、ゴールに繋がらなかったが、終始横浜FMに守備を強いるゲーム展開に持っていく。

そうした展開が続くなか、両軍は77分にそれぞれ1枚目のカードを切り、横浜FMが前田を投入。前田の起用でやや盛り返した横浜FMだが、同じタイミングで渡邉のカードを切ったG大阪は続く80分にアデミウソンと矢島を送り込み、勝負に出る。しかし、横浜FMも譲らず、勝ち越しを許さない。

結局、死力を尽くした両者の好ゲームは痛み分けで終了。それぞれ勝点1を分け合う結果に終わっている。

ガンバ大阪 1-1 横浜F・マリノス
【G大阪】
宇佐美貴史(前45+1)
【横浜FM】
OG(前26)