サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、現スペイン代表監督のルイス・エンリケ氏が現役時代に決めたハットトリックだ。


ルイス・エンリケ氏は1996年にレアル・マドリーからバルセロナに移籍。ライバルへの禁断の移籍ということもあり当初は批判を受けたが、結果と実力で信頼を勝ち取った。

バルセロナでは公式戦通算300試合に出場し109ゴールを記録しているが、2001年2月3日に行われたラ・リーガ第21節のアスレティック・ビルバオ戦では、ハットトリックの活躍を見せている。

まずは試合開始早々の5分、左サイドを崩したFWマルク・オーフェルマルスの折り返しをルイス・エンリケが押し込み、幸先よく先制に成功する。

さらに24分には、個人技で相手ディフェンスを崩したFWパトリック・クライファートのお膳立てから追加点を奪う。

バルセロナはその後も攻勢を続け、4-0とリードを広げると、33分には再び左サイドFWマルク・オーフェルマルスからの折り返しをルイス・エンリケが流し込み、前半だけでハットトリックを達成している。

マドリー時代と比較して攻撃的なポジションで起用されたルイス・エンリケ氏は結果でサポーターの信頼をつかみ、現役引退後にはバルセロナの監督も歴任。現在はスペイン代表の指揮官を務めている。

史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ”
「バルセロナvsレアル・マドリード」WOWOWで生中継!
>詳しくはこちら