ディナモ・モスクワは15日、新監督にドイツ人指揮官サンドロ・シュヴァルツ(41)を招へいした。契約期間は2022年6月30日までとなる。

マインツの下部組織出身であるシュヴァルツ監督は、現役時代にユルゲン・クロップ監督の指導を受け、2003-04シーズンにクラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たしていた。

そして現役引退後は、2009年7月から最後の所属クラブとなったブンデスリーガ3部のSVヴェーエン・ヴィースバーデンで指導者キャリアを始めると、2013-14シーズンからマインツのU-19チームの監督に就任。その後、2015年2月からU-23チームの監督を率いると、2017年7月からトップチームの監督に就任。

就任1年目はブンデスリーガを14位で終えると、2年目の2018-19シーズンは12位に浮上。しかし、3年目となった昨季は開幕11試合で3勝8敗の勝ち点9で降格圏の16位に沈むと、2019年11月に首脳陣との話し合いの末に解任ではなく、契約解除でチームを離れた。

なお、マインツのトップチームでは、2015年から同クラブに所属したFW武藤嘉紀(現エイバル)を指導していた。