セビージャは15日、U-21フランス代表DFジュール・クンデが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したと発表した。

クラブの発表によると、クンデはU-21フランス代表の活動に参加。13日にチームへと戻り、予定通り検査を実施。この検査で新型コロナウイルス検査で陽性反応が見つかった。

クンデは無症状であり、現在は自宅での隔離期間に入ってるとのこと。これにより、ラ・リーガ第6節のグラナダ戦、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のチェルシー戦を欠場することになる。

また、セビージャによれば代表活動から帰国したクンデは、チームメイトやスタッフとは一度も接触がなく、チームとしては問題は起こっていないとのことだ。

なお、U-21フランス代表では、ヘルタ・ベルリンに所属するMFマテオ・ゲンドゥージにも新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が見つかっており、クンデが2人目の感染者となった。

史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ”
「バルセロナvsレアル・マドリード」WOWOWで生中継!
>詳しくはこちら