パリ・サンジェルマン(PSG)の新戦力であるブラジル代表MFラフィーニャと同じくブラジル代表FWネイマールがPSGで再会を果たした。

バルセロナの下部組織出身のラフィーニャは、2013年から2017年の間同クラブでプレーしていたネイマールとは、クラブと代表チームでともにプレーし、同僚として厚い友情を築いていた。


2017年夏にネイマールがPSGに移籍した後も、ラフィーニャはネイマールのバルサ復帰を望むコメントを出すなど、相思相愛の関係だった二人だが、今夏にラフィーニャがPSGに移籍したことで再び同僚となった。

15日に行われた練習では、ブラジル代表から戻ってきたネイマールとすでにクラブに合流していたラフィーニャが再会。挨拶もそこそこに、厚い抱擁を交わしていた。

その姿には、男同士の固い絆を現す“ブロマンス(Brother + Romance)”という言葉がピッタリであり、クラブの公式ツイッター(@PSG_inside)でも、2人の姿を映した写真が“Bromance”というキャプションとともにシェアされている。

さらに、ネイマール(neymarjr)も自身のインスタグラムを更新。「会えて嬉しいよ、ブラザー!一緒にプレーした時と同じように幸せになることを願っているよ!ここで頑張ろう、大好きだよ」というコメントとともに2人の写真を投稿し、再会を祝った。

パリでの再会を果たした2人。ピッチ上での共演が待たれるばかりだ。