フローニンヘンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが戦列復帰しそうだ。

ロッベンは2018-19シーズンを最後にバイエルンで現役生活に幕を下ろしたが、今夏に古巣フローニンヘンで電撃復帰。今年9月13日に行われた古巣PSVとのエールディビジ開幕節で約1年4カ月ぶりの公式戦出場を果たしたが、29分にそ径部の違和感でピッチに座り込み、自らの要求でピッチを後にした。

その後のゲームで欠場が続いたロッベンだが、オランダ『AD』によると、グループのトレーニングに完全合流。代表ウィーク明け初戦の18日にホームで行われるエールディビジ第5節のユトレヒト戦でピッチに戻ってくる見通しがあるという。

ダニー・バイス監督も「もちろん、フル出場は難しい」としつつ、「明日(17日)のトレーニングをこなして、グリーンライトが灯れば、試合の選択肢に入ってくる。十分にフィットもしているからね」と話している。