どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回はレアル・マドリーでプレーするドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスが決めたクラブ初ゴールだ。


マドリーのユースで育ったマリアーノは、2016年夏にファーストチームに昇格。翌年出場機会を求めて移籍したリヨンでブレイクを果たし、2018年夏にマドリーに復帰した。

古巣復帰後も充分な出場機会を得るには至っていないマリアーノだが、2016年7月30日に行われた、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のチェルシー戦では、チャンスを掴むきっかけとなるゴールを決めている。

序盤から試合を優位に進めたマドリーが2点を先制して迎えた37分、左サイドを攻め上がったDFマルセロからのパスをマリアーノが受ける。すると、ボックスの外、ゴールまで30mはあろうかという位置からマリアーノがシュートを放つと、右足から放たれた強烈なシュートはGKの頭上を抜き、ゴールに突き刺さった。

このゴールで前半だけで3-0としたマドリー。終了間際にチェルシーの反撃にあうも3-2と逃げ切り、勝利している。

史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ”
「バルセロナvsレアル・マドリード」WOWOWで生中継!
>詳しくはこちら