エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、リバプールとの“マージーサイド・ダービー”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

エバートンは17日、プレミアリーグ第5節でリバプールと対戦。好調なシーズンスタートとなっていただけに、王者に対して良い入りをしたかった。

しかし開始3分にサディオ・マネにゴールを許し先制されるも、19分にはハメス・ロドリゲスのCKからマイケル・キーンがヘッドで決めて同点に。後半もモハメド・サラーに勝ち越しを許すが、好調を維持するドミニク・キャルバート=ルーウィンが5試合連続ゴールを記録し、2-2の引き分けに終わった。

引き分けに終わったダービーについてアンチェロッティ監督がコメント。チームとしてしっかりと戦えたとコメント。ドローに終わったが、パフォーマンスは悪くなかったとした。

「気分は良い。しっかりと勝負したかったし、我々はそれができた」

「この試合で必要だったのは、良いパフォーマンスであり、良いスピリットだった」

「キャラクターを示せたと思う。2度追いつくことができ
、自信を失うこともなかった」

「我々は少し上手く行かなかったが、最後まで戦い続けた。こういった種類の試合が必要だ」

「私は選手に言った。こういったプレーをして試合に負けて悲しかったことがあるかもしれないが、今シーズン、そしてこの瞬間の我々の信念には影響を与えることはなかっただろう」

「もしパフォーマンスが良くなければ、影響は受けていただろうがね」