明治安田生命J1リーグ第23節の1試合が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和レッズがベガルタ仙台を6-0で下した。

2試合ぶりの白星を狙う9位浦和は目下4連敗中のホームで勝ち点3を今節に。先発メンバーは前節と同じ顔ぶれが並び、J1歴代5位タイとなる通算152得点の興梠もさらなる記録更新を目指して、スタートからピッチに立った。一方、ここ12試合で白星から遠ざかる仙台は過去、0勝4分け13敗と負のジンクスがつきまとう敵地での一戦に。前節から5選手が入れ替わり、シマオ・マテ、飯尾、田中、石原、イサック・クエンカを起用して鬼門突破を目指した。

試合は浦和の高い位置での守りから動く。橋岡がビルドアップを試みた田中からボールを奪取した8分、武藤がバイタルエリア中央に縦パスを出すと、汰木がスルー。受けた興梠がボックス左にスルーパスを出して、汰木がヒールで味方にボールを繋ぐ。最後は汰木の背後にいた長澤が右足シュートを流し込み、浦和が先取する。

浦和の華麗なパスワークに守りを崩された仙台は押し込む時間を作りながら反攻に出るが、36分に浦和がバイタルエリア右の位置でFKのチャンス。キッカーのマルティノスが左足で直接狙ったボールが壁の上を越えてそのまま右に決まり、浦和が突き放す。同点を目指した仙台だったが、2点ビハインドの展開を強いられてしまう。

さらに、浦和は仙台のミスを突く。38分、敵陣中央で相手からボールをかっさらった汰木が縦にスルーパスを供給すると、ボックス内に抜け出した興梠がGKヤクブ・スウォビィクとの交錯で倒され、PKのチャンスを獲得。浦和加入後の対仙台戦で15試合16得点と抜群の相性を誇る興梠自らが決め切り、前半だけで3点リードに成功する。

流れが悪く、40分に柳と蜂須賀の交代を早々に施した仙台はハーフタイム明けにも椎橋を下げて松下を投入。その後半も押し込む形を作り出すが、次のゴールも浦和。51分、左サイドでドリブルを仕掛けた汰木がボックス中央に浮き球パスを出すと、興梠が頭で合わせる。J1歴代4位タイの154得点目がゴール左に決まった。

後半も失点を重ねた仙台は53分に興梠と宇賀神がお役御免となり、山中とレオナルドを送り出してきた浦和を攻め立てるが、57分にもピンチ。完全に最終ラインの裏を抜け出したレオナルドにGKヤクブ・スウォビィクとの一対一に持ち込まれてしまい、右足シュートを許したが、右ポストに救われ、辛うじて5失点目を回避する。

しかし、どこかで反撃の糸口を見いだしたい仙台が59分に3枚目のカードで長沢を送り出したなか、浦和は67分にマルティノスが山中のドリブルから生まれたこぼれ球を回収して、ボックス左から左足で折り返すと、ゴール前のレオナルドがプッシュ。うまくいっていない仙台を尻目に今季最多5得点目で勝負の行方をほぼ決してみせる。

その浦和は残るカードで柴戸や杉本、関根を送り込み、古巣戦の関口と山田を投入してきた仙台を相手にペースを握り続け、速攻に転じた86分に右サイドからのクロスに反応したゴール前のレオナルドが右足トラップからシュートを決めて、チーム6得点目。浦和が今季最多得点での大勝劇でホーム4連敗の悪い流れを断った。

浦和レッズ 6-0 ベガルタ仙台
【浦和】
長澤和輝(前8)
マルティノス(前36)
興梠慎三(前39、後6)
レオナルド(後22、後41)