フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第4節でケルンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。

前節ホッフェンハイム戦で今季初ゴールを決め、チームの2連勝に貢献した鎌田。日本代表ではコートジボワール代表戦で先発し、随所に好プレーを見せた。その鎌田が長谷部と共に開幕4試合連続先発となった。

3連敗スタートのケルンに対し、[3-5-2]を継続したフランクフルトは鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。

そのフランクフルトが圧力をかける入りとし、6分にはアンドレ・シウバが決定的なシュートを放つ。しかし、徐々に膠着状態に陥ってしまった中、29分にようやくアンドレ・シウバがオンターゲットのミドルシュートを記録。だが、ハーフタイムにかけても動きの少ない展開で推移した。

そんな中44分、ドストのパスに反応した鎌田がボックス左に侵入。ボルナウに倒されると、主審はノーファウルの判定を下したが、VARの末にPK判定に覆った。そしてこのPKをアンドレ・シウバが決めてフランクフルトが先制し前半を終えた。

迎えた後半、開始4分に鎌田に決定機。しかし、右クロスをダイレクトで合わせにかかるも、シュートは空振りに終わってしまった。

すると52分、フランクフルトは同点に追いつかれてしまう。エヒジブエに右サイドを突破されてクロスを送られ、最後はフリーのドゥダにボレーで蹴り込まれた。

続く63分には逆転の大ピンチを迎えるも、ドゥダのヘディングシュートはGKトラップがビッグセーブで凌いだ。

流れの悪いフランクフルトは新戦力のユネスを左サイドに投入。すると70分、カウンターからドストがGK強襲のシュートを浴びせた。さらに鎌田のCKからA・トゥーレが際どいヘディングシュートを放った。

そして78分には決定機。鎌田がボックス右からクロスを折り返し、これを受けたユネスがシュートに持ち込んだが、DFの好ブロックに阻まれた。

終盤にかけてはフランクフルトが攻勢に出たが、1-1で終了。フランクフルトは勝ち点1を積み上げるにとどまった。