【CLグループE展望】チェルシー、セビージャの2強に初参戦のレンヌとクラスノダールが挑む

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループEは、昨季ベスト16のチェルシーとヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ、そして、共に初出場のスタッド・レンヌとクラスノダールという組み合わせとなった。チェルシー、セビージャの2強に、ダークホースの一角と期待されるレンヌ、クラスノダールが大穴という予想だ。

◆編集部予想
◎本命:チェルシー
○対抗:セビージャ
△連下:レンヌ
☆大穴:クラスノダール

◆超大型補強で7年ぶりのベスト8進出を目指す〜チェルシー〜Getty Images
2大会ぶりの出場となった昨季は、混戦のGSを勝ち抜きながらも王者に輝いたバイエルンにベスト16で大敗を喫したチェルシー。選手登録禁止処分の中で若手主体で挑んだが、世界最高峰の大会はそう甘くはなく、ここ6年はベスト8以上の成績を収められていない現状だ。

しかし、今季のチェルシーは一味違う。処分が解け、1年間貯めに貯め込んだ資金を一斉投下し、欧州中から屈指の実力者たちを獲得。MFツィエクに始まり、FWヴェルナーとMFハヴァーツのマンシャフトコンビ、さらにはDFチルウェルとDFチアゴ・シウバの補強にも成功し、ウィークポイントをしっかり埋めた。そんな超大型補強のラストピースとなったGKエドゥアール・メンディは、同組のレンヌからの加入だ。

それでも、まだまだチグハグ感は否めず、リーグ戦のWBA戦とサウサンプトン戦ではいずれも3失点しており、豪華な攻撃陣とは裏腹に守備の完成にはしばらくかかりそう。新型コロナウイルスの影響で例年とは遥かに体力的に厳しいシーズンとなり、本来の調子が取り戻せていない選手もいる中で、比較的楽なグループを優位に進めることは出来るだろうか。就任2年目のランパード監督の手腕にも注目だ。

◆補強は上々、EL王者が満を持して最高峰の舞台へ〜セビージャ〜 Getty Images
昨季のEL王者として3大会ぶりの参戦となるセビージャ。昨季はロペテギ監督が就任し、昨年3月に復任したモンチSD(スポーツ・ディレクター)主導の下で大型補強を決行。近年下降気味だった成績の回復に努めた。

その結果、DFジエゴ・カルロスやDFクンデといった隠れた実力者を見出し、同じく新戦力だったFWオカンポスの活躍などで、最多6度目のEL制覇を成し遂げるとともに、ラ・リーガでは3シーズンぶりのトップ4入りを果たした。今季はUEFAスーパーカップでCL王者バイエルンに善戦健闘。リーグ戦では苦手意識の強いバルセロナ相手に互角に戦い、敵地カンプ・ノウから勝ち点1を持ち帰っている。

今季は司令塔のMFバネガ退団に伴い、MFラキティッチが6年ぶりに復帰。ラ・リーガ開幕節のカディス戦では早速ゴールを決めて、サポーターに挨拶した。また、昨季の中心選手だったDFレギロンの後釜には、スポルティング・リスボンからDFアクーニャを獲得。そのほか、FWスソの完全移籍、センターバックのDFレキクやウインガーのFWイドリシなど、各ポジションの補強を抜かりなく行っている。

◆積極補強で初のCLへ準備万端〜レンヌ〜 Getty Images
今大会がCL初参戦のレンヌ。昨年4月にクープ・ドゥ・フランスを制し、クラブに48年ぶりのタイトルをもたらしたジュリアン・ステファン監督の下、コロナ感染拡大の影響で中止となったリーグ・アンでクラブ史上最高位となる3位フィニッシュ。見事、初のCL出場権を勝ち取った。

上記2チームと比べて実力差は否めないが、今年のゴールデンボーイ賞最終候補20名にも名を連ねたMFカマヴィンガをはじめ、パリ・サンジェルマンが関心を示したというDFアマリ・トラオレや、マルセイユ行きが噂されていたFWニアンなど粒揃い。また、今夏の移籍市場では、アンデルレヒトから右ウインガーのベルギー代表FWジェレミー・ドク、左ウイングにはリヨンからFWテリエを獲得。さらにはユベントスとインテルから、それぞれDFルガーニとDFダウベルトをレンタルし、今大会に向けて選手層を厚くしている。

そのほか、チェルシー行きのGKメンディの後釜にはディジョンで守護神だったGKゴミスを補強。2強に割って入る可能性は大いにある。

◆ロシアのニューカーマーが青年監督の下で夢の舞台へ〜クラスノダール〜Getty Images
2008年創設のクラスノダールは、レンヌ同様こちらも初出場。昨季のロシア・プレミアリーグで3位に入り、プレーオフを勝ち上がってクラブ史上初の本戦出場を果たした。率いるはクラスノダールを地元に持つムラド・ムサエフ監督。同クラブのアカデミーとリザーブチームの監督を歴任し、成り上がった36歳の青年指揮官だ。

今季の国内リーグでは、11試合を終えたところで5勝3分け3敗とまずまずといったところ。得点数は首位のゼニトに次ぐ21得点で、スウェーデン代表FWマルクス・ベリがここまで5得点で攻撃を牽引している。

なお、今シーズンはロシアから史上初めて3クラブが参加。ロシア勢の一角として爪痕を残すことは出来るだろうか。

史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ”
「バルセロナvsレアル・マドリード」WOWOWで生中継!
>詳しくはこちら