2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループHは昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマン(PSG)、プレミアリーグ3位のマンチェスター・ユナイテッド、昨季セミファイナリストのRBライプツィヒの三つ巴の争いに、初参戦のイスタンブール・バシャクシェヒルがアウトサイダーとして絡む展開が予想される。

◆編集部予想
◎本命:パリ・サンジェルマン
○対抗:マンチェスター・ユナイテッド
△連下:RBライプツィヒ
☆大穴:イスタンブール・バシャクシェヒル

◆戦力と熟成度で文句なしの本命〜パリ・サンジェルマン〜
Getty Images
今グループステージ屈指の激戦区となったが、首位通過の本命は昨季ファイナリストだ。昨季決勝ではバイエルンに競り負けてクラブ悲願のビッグイヤー制覇を逃したパリの巨人だが、コロナ禍における特殊な形式だったとはいえ、近年壁となり続けていたベスト16、ベスト8の壁を乗り越えた成功体験はクラブにとって大きな財産となるはずだ。

今シーズンはFWムバッペやFWネイマールら主力の残留に成功したうえ、守備的MFダニーロ、右サイドバックに加えて複数のポジションをカバーできるMFフロレンツィ、新たな攻撃オプションとしてFWケアン、MFラフィーニャを確保。豊富な経験、確かな人間性でピッチ内外での貢献も大きかったDFチアゴ・シウバ、FWチュポ=モティングの退団はメンタル面において不安材料だが、そのチーム力は今大会出場チームで屈指。ここまでのリーグ戦においてはまさかの開幕連敗スタートも、直近2試合で10ゴールを挙げるなど、目下5連勝と調子を取り戻している。

三つ巴の争いとなる中、ホームゲームでの勝ち点3奪取は至上命令となるだけにユナイテッドとの初戦をきっちり白星で飾りたい。

◆ポテンシャル十分も守備改善が必須〜マンチェスター・ユナイテッド〜
Getty Images
クラブとしての実績、選手の質を考慮してPSGの対抗としたが、RBライプツィヒとの実力は伯仲している。昨季のプレミアリーグを逆転で3位フィニッシュし、2シーズンぶりのCL参戦となる赤い悪魔。今夏の移籍市場では大型補強が見込まれたが、大本命のMFサンチョ獲得に失敗するなど大苦戦。MFファン・デ・ベークに加え、移籍市場閉幕ギリギリに元PSGのエースFWカバーニ、左サイドバックのDFテレス、若手逸材FWペリストリの獲得に漕ぎ付けたが、補強ポイントに挙がっていたセンターバックを補強できなかったことが、早くもリーグ戦の戦いに響いている印象だ。

ここまでリーグ4試合で一度もクリーンシートがなくトッテナム戦での6失点を含め、4戦12失点と守備崩壊が序盤戦の苦戦に繋がっている。CLグループステージ突破に向けては守備陣のパフォーマンス向上に加え、献身性、切り替えの意識が鈍くなっている前線の選手への守備参加を徹底させたい。

◆安定感は抜群、突破の鍵は新攻撃陣〜RBライプツィヒ〜
Getty Images
今グループの3番手の評価だが、前述の2チームとの間に大きな差はない。若き智将ナーゲルスマン監督の下、昨季のCLでクラブ史上初のベスト4進出を果たしたドイツの新興クラブは、今回のグループステージで準決勝で敗れたPSGと再び相まみえることになった。

今夏の移籍市場ではDFウパメカノを中心に主力の残留に成功しており、就任2年目を迎えるドイツ人指揮官の下で更なる戦術面の浸透が進んでおり、ブンデスリーガ開幕4試合を3勝1分けの無敗で終え、ここまでバイエルンを抑えて首位に立っている。ただ、今後に向けてはFWヴェルナー、FWシックと昨季の得点源を失い、FWファン・ヒチャン、FWセルロート、FWクライファートを新たに加えた攻撃陣の整備が重要となる。チーム力で上回る格下相手には現有戦力で十分勝ち切れるが、PSG、ユナイテッドという格上相手には前述の新たな攻撃陣の活躍が勝利を得るために重要な要素となるはずだ。

◆初参戦で目標はまず1勝〜イスタンブール・バシャクシェヒル〜
Getty Images
昨シーズンのスュペル・リグを初制覇し、CL初参戦となるイスタンブールBBだが、ひとまずの目標はグループステージ突破ではなく初勝利だ。チームのベースはMFメフメト・トパルやGKヴォルカン・ババジャンらトルコ代表にも名を連ねる国内組と、エースFWヴィスチャ、プレミアリーグで活躍したDFシュクルテル、FWデンバ・バら国外のベテラン助っ人。さらに、今夏の移籍市場では元ユナイテッドDFラファエウ、MFシャドリ、MFジュリアーノと実力者を迎え入れている。

ただ、今季ここまでのリーグ戦では1勝3敗1分けの20位と深刻な不振に陥っており、初の大舞台に向けて大きな不安を残す。