サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。


リヨンで若きストライカーとしてブレイクを果たしたベンゼマは、2009年夏にレアル・マドリーに加入。スター軍団の主力へとステップアップを果たした。

得点以外にもポストプレーで上手さを見せるなど、欠かせない存在となっているベンゼマだが、2019年4月15日に行われた、ラ・リーガ第32節のレガネス戦では、見事な連携からゴールを決めている。

レガネスに先制を許し、0-1とリードされて迎えた51分、センターサークル付近でボールを持ったMFカゼミロが、相手ディフェンスライン前のスペースに入っていたMFルカ・モドリッチに楔のパスを入れる。

狭いスペースでボールを受けたモドリッチは、上手く反転してプレスに来た相手と入れ替わり、前を向く。絶好の位置でボールを持ったモドリッチは、裏へ走り出すベンゼマに向けてパスを送る。このパスをベンゼマがダイレクトでシュートを放つも、これは相手GKが一度セーブ。それでも、こぼれ球に詰めたベンゼマが今度はしっかりと決めきり、見事な同点弾を決めた。

このゴールで追いついたマドリーだったが、その後両チームにゴールは生まれず、試合は1-1のドローに終わっている。

史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ”
「バルセロナvsレアル・マドリード」WOWOWで生中継!
>詳しくはこちら