バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティ(17)が再び新たな記録を樹立した。

バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節でフェレンツヴァローシュと対戦した。

この試合で先発出場を果たしたアンス・ファティは、1-0で迎えた42分にフレンキー・デ・ヨングからの絶妙な浮き球パスをワンタッチで合わせゴール。その後もバルセロナは得点を重ね、5-1で勝利した。

アンス・ファティにとっては、この試合で記録したゴールが自身のCL2ゴール目。17歳355日での記録となり、CLで複数のゴールを記録した最年少選手となった。

アンス・ファティは、2019-20シーズンのグループステージ第1節のドルトムント戦でCLデビュー。自身のCL3試合目の出場となったグループステージ第6節のインテル戦で初ゴールを記録していた。

これまでのCLでも多くの記録を樹立しており、ドルトムント戦の出場は16歳321日でバルセロナ史上最年少でのCL出場選手に。インテル戦でのゴールは、17歳40日で記録され、CL史上最年少でのゴールとなっていた。

史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ”
「バルセロナvsレアル・マドリード」WOWOWで生中継!
>詳しくはこちら