チェルシーの黄金期を支えたGKペトル・チェフ(38)に現役復帰の可能性が誕生した。

チェフは、2004年7月にスタッド・レンヌからチェルシーに加入。2015年7月にアーセナルに移籍するまで、チェルシーの正守護神として君臨した。

当時は世界最高のGKの1人としても高い評価を受け、プレミアリーグで4度、FAカップで4度、EFLカップで3度優勝。また、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでも1度ずつ優勝を経験。公式戦494試合でゴールを守っていた。

2019年7月にアーセナルで現役を引退。奇しくも現役ラストマッチは、古巣チェルシーとのヨーロッパリーグ決勝だった。その後、はアドバイザーとしてチェルシーに所属していたが、この度プレミアリーグの登録メンバーに名を連ねることとなった。

プレミアリーグの登録は10月20日が期限となっており、来年1月まで登録が不可能に。その最終日に確定した登録メンバーリストに、チェフの名前が載っていた。

現役を退いてから1年が経過したチェフだが、チェルシーのフランク・ランパード監督が、クラブ公式サイトを通じてこの件についてコメントした。

「ペトルは、しばらくの間GKとトレーニングを行ってきた」

「周知の事実だと思うが、彼は何日も一緒にトレーニングをしているし、彼らの経験としても貴重なものだ」

「彼らのトレーニングにも役立っているし、チェフがクオリティと経験をGK陣に伝えていることで私も助かる」

登録した理由は未だに流行が続いている新型コロナウイルス(COVID-19)とのこと。選手登録枠も空きがあったことで、臨時のために登録。しかし、プレーする可能性も否定はしなかった。

「我々のスカッドには空きがあった。今年はCOVID-19のせいで、選手足りないようにも思えるし、年間を通じて、選手選考と隔離に対応できるため、とても簡単な決断だった」

「ペトルはまだ本業があるが、必要な時はピッチに立つだろう」

「彼はとても良い状態で、比較的若い。おそらくプレーを続けることは可能だろう」

「チェルシーでの彼の役割を担い、とてもうまくやっている。彼は私をとても助けてくれ、とても親しく協力体制を築けている」

現在のチェルシーは守乱が続いており、正守護神もスペイン代表GKケパ・アリサバラガ、セネガル代表GK エドゥアール・メンディが争い、GKウィルフレッド・カバジェロも控えている状況だ。それでもチェフがプレーする可能性をランパード監督は除外しなかった。

「今シーズン、彼が多くプレーするのをみられるかどうかはわからない。シーズンの流れやCOVID-19と隔離にも依存するだろう。ただ、そのためにペトルをスカッドに入れることは簡単だった」