ジョゼップ・グアルディオラ監督がマンチェスター・シティでのチャンピオンズリーグ(CL)制覇についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

今シーズンで10年連続のCL出場となったシティ。近年、優勝候補の一角として挙げられているものの、ベスト8を突破したのは2015-16シーズンの1回のみとなっている。

悲願のCL制覇を切望するシティは、21日にホームでグループステージ第1節のポルト戦を戦う。

前日会見の席でグアルディオラ監督は、CLタイトルまでの距離について持論を展開。工夫と改善を施して変化が必要だと語っている。

「我々の戦い方を分析すると、もうすぐそこまで来ていると感じている。だが、それと同時に我々はミスを犯してしまうので、勝ち抜くのに値しないとも感じる」

「何度も準々決勝まで進出した。10回連続の出場は素晴らしいことだが、このクラブの現実を知っている。次のステップはCLのタイトルに向けて一歩前進することだ。今までやってきたことは過去のこと。次は新たな戦いだ」

「この大会では今までと違うことをしなければならない。これまでのゲームを振り返ってみると、リバプールに0-3で敗れた時も、トッテナムやリヨンとの試合でも、我々はそう遠くないと感じている。小さなギャップを解決しなければならない。そうしなければ、CLタイトルに値しない」