ラ・リーガ第7節、バルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”が24日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのマドリーが1-3で勝利した。
 
バルセロナは前節、ヘタフェ相手に0-1で惜敗し今季初黒星を喫した。それでも、リーグ2戦未勝利の中で臨んだチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ初戦ではフェレンツヴァローシュを相手に5-1で快勝し、今回のビッグマッチに弾みを付けた。注目のクラシコの先発メンバーには負傷明けのジョルディ・アルバが復帰し、セルジ・ロベルトに代わってデストが右サイドバック、前線ではグリーズマンがベンチスタートとなり、フェレンツヴァローシュで加入後初ゴールを挙げたペドリが右ウイングに抜擢される。また、コウチーニョが左ウイング、メッシがトップ下、アンス・ファティが1トップと並びに変化を加えた。
 
対するマドリーは、リーグ3連勝で臨んだ前節、昇格組のカディスを相手にこちらも0-1で敗れて今季初黒星。さらに、CLではシャフタール相手に2-3で敗れてホームでの痛恨の公式戦連敗となった。この不振により、ジダン監督の去就が騒がしくなり始めた中、必勝が求められる敵地での一戦ではシャフタール戦を欠場したセルヒオ・ラモス、ナチョに加え、同試合で途中出場したクロース、ベンゼマ、ヴィニシウスが先発に復帰し、[4-3-3]の布陣で臨んだ。
 
コロナ禍によって史上初の無観客開催となった全世界注目の一戦は、互いに過密日程を考慮してか、前から圧力をかけずに中盤以降で守備ブロックを構築する形を取ったことで比較的静かな入りに。だが、その展開とは裏腹にゴールを奪い合う。
 
先手を奪ったのはアウェイのマドリー。開始5分、最後尾のセルヒオ・ラモスからサイドチェンジを受けた右サイドのナチョがライン間に落ちたベンゼマに斜めのパスを通す。このまま縦に運んだ背番号9が、対峙したDFピケの背後をスプリントしたバルベルデへ絶妙なスルーパス。ボックス右でGKと一対一となったバルベルデが冷静にゴール左隅へシュートを突き刺した。
 
これで一気にマドリーペースになるかに思われたが、バルセロナがすぐさま反撃。8分、相手陣内中央左でボールを受けたメッシが左サイドのスペースへ飛び出したアルバへ絶妙な浮き球のパスを通す。このままボックス内に侵入したアルバの丁寧な折り返しを、ゴール前に飛び込んだアンス・ファティがワンタッチで流し込み、17歳359日でのクラシコ最年少ゴールを記録すると共に、クラブにとって対マドリー通算400点目となった。
 
バルベルデとアンス・ファティにクラシコ初ゴールが生まれ、1-1の振り出しに戻った試合は、その後も互いに後方からスムーズにビルドアップができるため、比較的シュートシーンが多い展開が続く。
 
24分にはバルセロナが相手CKからGKネトのロングスローを受けたアンス・ファティがボックス付近まで持ち運び、ボックス右で浮いていたメッシへパスを通す。ここでメッシはDFセルヒオ・ラモスを深い切り返しでかわしてニア下を狙った右足のシュートを放つが、ここはGKクルトワが見事な反応でセーブ。
 
すると、直後にはマドリーのカウンターから左サイドのスペースに抜け出したクロースからの正確な折り返しを、ボックス中央のベンゼマが右足ダイレクトシュート。しかし、今度はGKネトの好守に阻まれた。
 
前半半ばから終盤にかけてはボールの支配率こそマドリーが上回ったものの、最前線のベンゼマらに効果的にボールを入れる場面は少なく、カウンターやセットプレー以外でチャンスを作れず。さらに、43分には序盤から足を気にしていたナチョがプレー続行不可能となり、ルーカス・バスケスのスクランンブル投入を余儀なくされる。
 
一方のバルセロナはメッシ、ペドリ、コウチーニョがライン間やギャップでボールを引き出しつつ、両サイドバックを絡めた分厚い攻めからよりゴールに迫る場面を作り出したが、相手の水際の集中した守備を上回るまでには至らず。
 
1-1のイーブンで折り返した試合は後半も拮抗した入りとなる。互いに前半に比べて攻撃がよりスムーズになった中、52分にはボックス右で仕掛けたアンス・ファティが枠のわずか左に外れる惜しいシュートを放つと、54分には再びボックス右でボールを受けたアンス・ファティの浮き球のクロスをファーでフリーのコウチーニョが頭で合わすが、これを枠の左に外してしまう。
 
このピンチを凌いだマドリーは前半に比べて前線の立ち位置に微調整を施したことで、遅攻の場面でもフィニッシュまで持ち込めるようになると、思わぬ形から勝ち越しに成功する。59分、デストのハンドで得た相手陣内左サイドのFKの場面でクロスがゴール前に入った際、DFラングレと競り合ったセルヒオ・ラモスがユニフォームを引っ張って倒される。ここでVARによるレビューが入り、マドリーにPKが与えられる。これをキッカーのセルヒオ・ラモスがきっちり左隅へ蹴り込み、63分のゴールとした。
 
再びビハインドを追うことになったバルセロナは全体を押し上げてここからリスクを冒して攻勢を仕掛けていく。一方のマドリーはより重心を後方に置いて相手の攻撃を受け止めつつ、ヴィニシウスらのスピードを生かしたカウンターで追加点を狙う。
 
その後は一進一退の攻防が続く中、バルセロナは80分を過ぎてトリンコン、グリーズマン、デンベレの3枚替えを敢行するなど、勝負に出る。だが、前線で人が重なる場面や連係がしっくり来ず、逆に攻撃が停滞してしまう。
 
一方、負傷したバルベルデに代えてモドリッチ、疲労困憊のアセンシオに代えてロドリゴを投入したマドリーは、効果的なカウンターから3点目に迫る。クロースやセルヒオ・ラモスのビッグチャンスはGKネトのビッグセーブに阻まれたが、90分に試合を決める。ボックス右に抜け出したロドリゴの突破はネトの飛び出しに阻まれるが、こぼれ球を回収したモドリッチが冷静にGKをかわして相手DFのゴールカバーを外す右足アウトサイドのシュートを突き刺した。
 
そして、試合はこのままタイムアップを迎え、決勝点となったPKを巡るVAR判定に関しては物議を醸すも攻守両面で勝負強さを発揮したマドリーが敵地でのクラシコを3-1で制し、公式戦連敗をストップ。敗れたバルセロナは今季初の連敗となり、クーマン新体制にとって最初の正念場を迎えることになった。