バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが再び記録を塗り替えた。バルセロナ公式サイトが伝えた。

24日、ラ・リーガ第7節でバルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”が開催。試合は、アウェイのマドリーが1-3で勝利を収めていた。


この試合に先発出場したファティは、0-1で迎えた8分にディフェンスラインの裏に抜け出したジョルディ・アルバからのグラウンダーのクロスに合わせて、同点ゴールを記録した。

このゴールは17歳と359日でのゴールとなり、21世紀における“エル・クラシコ”での史上最年少ゴール記録となった。なお、これまではマドリーのヴィニシウス・ジュニオールが切ろうしていた19歳と233日が最年少だった。

また、このゴールでアンス・ファティはラ・リーガでのゴールを「11」としたが、17歳での11ゴール達成はラ・リーガにおいて未成年の選手として最多のゴール記録となった。

1930年代には、ラシン・サンタンデールのパブロ・ポンボ・キンタナが11ゴールを記録していた。

なお、リーグ戦10ゴール達成は、ボージャン・クルキッチ(17歳8カ月5日)、ポンボ(17歳8カ月12日)に次いで、史上3番目の若さで到達していた。