チェルシー戦でのホールディング行為が批判の的になっているマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが、自信のインスタグラムで反対の意思を示した。

24日に行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦。互いにチャンスを生かせず、0-0の痛み分けという結果に終わったが、40分のセットプレーの際に、守備側のマグワイアがチェルシーDFセサール・アスピリクエタの首周りに腕を回していたプレーが物議をかもしており、現在も賛否が分かれている状況だ。

チェルシー陣営は当然PKに値するファウル行為だったと主張しており、当事者で主将のアスピリクエタは「VARでしっかり確認してほしかった」とコメント。また、フランク・ランパード監督もVARによる正確なジャッジを求めたほか、「ホールディングならまだしも、ヘッドロックは反則だ」と試合後に話していた。

なおも火種がくすぶる中、マグワイアがインスタグラムの『ストーリー』を更新。そこには同様のセットプレーの際に、アスピリクエタがMFスコット・マクトミネイを、そして自身には相手DFリース・ジェームスが腕を使って抑え込む瞬間の写真掲載されていた。

なお、特にコメントはなく、マグワイアからすれば言わずもがなの無言の圧力といったところなのだろう。

試合が終わった以上、どちらが正しいかの判断は付けられないが、禍根を残すようなことにはならないでほしい。