元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)がイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで自身の今後に言及した。

若くして入団したアーセナルで度重なる故障に泣き、才能を燻らせたウィルシャーは2018年からウェストハムでプレー。アーセナルと同じロンドンに拠点を置くクラブで心機一転を図ったが、再びケガに悩まされ、今月初旬に今季まで残る契約を双方合意で解消して退団した。

「彼と喧嘩をしたわけじゃない。正直に話してくれた彼には感謝している。ウェストハムには多くの友人がいて、個人的な恨みもない。今も多くの選手とやり取りをしているが、ただただ出ていかなければならなかったんだ。特に、年齢的にもプレーせず、1年間を過ごすのは無理だった」

ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督との軋轢による退団をそう否定したウィルシャー。いまだ決まっていない去就についても触れ、「代理人とは2、3日おきに話をしている。まだ話し合っているところだが、時間をかけるつもりはない」と述べると、国外挑戦に前向きな発言を残した。

「ラ・リーガ、イタリア、ドイツは僕にとって、良い変化になるだろう。多くのイングランド人選手がそんなにプレーしていない場所だからね」

「僕はいつもラ・リーガを観て、いつも考えてもいた。ラ・リーガがお気に入りで、イングランドの試合よりテクニカル。自分の能力を発揮できる場所だと思う」

「MLSに行くには若過ぎるとは思っていない。『スカイ・スポーツ』でも放送され、リーグもずいぶんと改善された。機会が巡ってくるのなら、オープンだ」

「僕は重要な一員であるのを感じられるクラブでプレーしたいと思っている。試合に出たいだけなんだ。自信を取り戻して笑顔が戻ったとき、シーズンの25〜30試合でプレーしたい」

「子どもの頃からやってきたフットボールをプレーするだけさ。僕はそれがまだできる感覚がある。みんなが間違っているのを証明したい。今、大事なのはクラブを見つけ、試合に出場して、良いプレーをすること。監督の構想に入っていけるはずだ」