サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが決めたゴールだ。


バルセロナでの活躍を経て、2017年夏にPSGに加入したネイマール。フランスでも活躍を続け、世界屈指のフットボーラーとしての地位を確立している。

トリッキーで創造性溢れるプレーで観客を魅了するネイマールだが、2020年1月26日に行われたリーグ・アン第21節のリール戦では、美しいゴールを決めている。

0-0で迎えた28分、ボックス手前でクロスを受けたネイマールは、これを胸トラップでボールを落とすと、柔らかいタッチでコントロールし、MFマルコ・ヴェッラッティにパス。リターンパスをペナルティアーク内で受けたネイマールがそのままミドルシュートを放つと、右足から放たれたシュートはゴール右上の完璧なコースに決まり、美しい先制点となった。

リードを奪うことに成功したPSGは、その後も追加点奪い、2-0で勝利している。