ミランがU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)を完全移籍で買い取ることは厳しいようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ ロマーノ氏が主張している。

ポルト下部組織出身のダロトは2018年夏にユナイテッド入り。昨シーズンはイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの加入や度重なる負傷の影響もあり、公式戦11試合の出場にとどまっていた。

そういった事情もあり、出場機会を求めるダロトは今夏の移籍市場締め切り間近の今月4日にミランへ1年間のレンタル移籍で加入した。

そして、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第1節のセルティック戦でデビューを飾ると、29日に行われたEL第2節のスパルタ・プラハ戦ではミランでの初ゴールを含む1得点1アシストの活躍をみせ、3-0の勝利の立役者となった。

セルティック戦では右サイドバック、スパルタ・プラハでは左サイドバックで印象的な活躍をみせ、早くもミラニスタの心を掴んだダロトだが、ミラノでの滞在は短い期間になる模様だ。

ロマーノ氏によると、ダロトの将来性を高く評価しているユナイテッドは、ミランとの交渉時に、ミランサイドが望んだ買い取りオプションを契約に盛り込むことを拒否していたという。

そのため、現時点では今シーズン終了後にユナイテッドへレンタルバックすることが既定路線となっている。

ただ、ダロトが今後もスパルタ・プラハ戦のような活躍を続け、ミランが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できるようなことになれば、同選手の意向、ユナイテッドの要求額次第ではミラノでの長期滞在の可能性は十分にあるかもしれない。