遠藤航の所属するシュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第6節でシャルケとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。遠藤はフル出場した。

前節ケルン戦を1-1のドローで終えたシュツットガルトは、その試合からスタメンを2人変更。ディダヴィとワマンギトゥカに代えてソサとクリモビッツをスタメンで起用。遠藤もボランチで6試合連続のスタメンとなった。

開幕から未勝利が続くシャルケに対し、シュツットガルトは4分、カストロとのパス交換でペナルティアーク内に侵入したクリモビッツがワントラップから右足を振り抜いたが、これはゴール左に外れた。

一進一退の展開が続く中、シュツットガルトはセットプレーから失点を許す。30分、バイタルエリア右手前で獲得したFKからアリがクロスを供給すると、ファーサイドの走り込んだチアウがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

先制を許したシュツットガルトは、ハーフタイムにかけて何度かアタッキングサードまでボールを運んだが、自陣で集中した守備を見せるシャルケの牙城を崩せず。前半はシャルケのリードで終了した。

迎えた後半、1点を追うシュツットガルトはカラジッチを下げてニコラス・ゴンサレスを投入。すると55分、中盤で獲得したFKからソサがクロスを上げるとニコラス・ゴンサレスのヘディンシュートがS・サネの手に当たる。これがVARの末にPKとなると、ニコラス・ゴンサレスがゴール右へシュートを沈めた。

同点に追い付いたシュツットガルトは67分、ボックス左から侵入したソサがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはGKレノウがセーブ。さらに86分にも、ペナルティアーク右横でパスを受けたカストロがミドルシュートで狙ったが、これも相手GKの好守に阻まれた。

シュツットガルトは試合終了間際にピンチ。91分、中盤からのFKをボックス右のS・サネが折り返すとラマンがシュート。マンガラがブロックしたボールがゴール前の遠藤に当たりあわやオウンゴールになりそうになるも、これはGKコベルのファインセーブで難を逃れた。

結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。シュツットガルトは押し込みながらも追加点が奪えず、2試合連続のドローとなった。