エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが今週末のゲームを欠場するという。クラブ公式サイトが伝えている。

今季のプレミリーグ開幕から4勝1分け1敗で首位に立つエバートンは11月1日に行われる第7節で14位につけるニューカッスル・ユナイテッドとのアウェイ戦に挑む。今季初黒星を喫した前節からの仕切り直しが求められるが、ここまでリーグ戦全試合で先発が続くハメスを“小さな問題”で欠いての試合になるようだ。

カルロ・アンチェロッティ監督は3試合ぶりの勝利がかかるニューカッスル戦に先駆けた会見で、「ハメスは全試合出場を続けているが、小さな問題を抱えており、この試合で休む必要がある。次のゲームには出られるだろう」とハメスの欠場を明言した。

また、ニューカッスル戦では主将のアイルランド代表DFシェイマス・コールマンも負傷欠場。ブラジル代表FWリシャルリソンとフランス代表DFリュカ・ディーニュもサスペンションで欠場となるが、アンチェロッティ監督は代わりに出番が回ってくる選手に対する信頼を口にしている。

「選手が欠けているという事実はあるが、チームの質を認識するのが大切。ほかの選手が手にしたプレーの機会で自身の質を示して、チームが上位にとどまるための手助けをしてくれるはずだ」

なお、ニューカッスル戦に向けては「重要な試合だ。できることなら、リーグテーブルのトップにとどまりたいからね。ニューカッスル戦は常に難しい。しかし、我々もフォーカスして、良い精神状態にある。この試合に向けた自信もあるんだ」と意気込みを語っている。