31日、明治安田生命J1リーグ第25節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で名古屋が勝利を収めた。

連勝中の鹿島(6位/勝ち点45)は1-0で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを1人変更して、直前にベンチ外となった三竿の代わりに永木をチョイス。一方で、前節ベガルタ仙台に1-0で辛勝して連敗をストップさせた名古屋(5位勝ち点45)は、その一戦から前田が外れて古巣戦の相馬が起用された。

同勝ち点対決となった一戦はアウェイの名古屋が決定機をいきなりモノにする。6分、古巣戦となる和泉に蹴られる形でマテウスがボックス右で倒されてPKのチャンスを獲得。キッカーを務めた金崎がGK沖の逆を突くシュートをゴール右に蹴り込んで名古屋が幸先良く先制に成功した。

早くも追いかける展開となった鹿島がボールを保持して試合は推移していくなか前半半ばにアクシデント。成瀬と衝突した和泉がプレー続行不可能となり、荒木がイン。一方、名古屋も20分を過ぎたあたりから足を痛めていたオ・ジェソクが負傷交代となり、両チームとも33分に選手交代を余儀なくされた。

カウンターから攻撃の形を作る名古屋は36分、吉田のクリアボールに抜け出した金崎がバイタルエリア左から並走していたマテウスに横パス。しかし、カバーリングに戻っていたレオ・シルバにクリアされてしまい追加点のチャンスを逃した。

前半終盤から名古屋陣内に一方的に攻め込んだ鹿島は後半立ち上がりも依然として攻勢。55分には自陣からドリブルで持ち運んだファン・アラーノがボックス中央手前からミドルシュートを放つも、GKランゲラックが立ちはだかる。

61分に土居と遠藤を投入して攻撃の活性化を図りにかかる鹿島だったが、62分にイエローカードを提示されたファン・アラーノがその5分後に2枚目のイエローカードを貰い退場に。20分以上も1人少ない状況での戦いを余儀なくされた。

75分に中盤の要である米本が負傷でピッチを退いた名古屋は81分、敵陣左サイド深くでFKを獲得。マテウスがアウトスイングのクロスを供給すると、ファーサイドの金崎がヘディングシュート。GK沖のビッグセーブでこぼれたボールに相馬が反応したものの、GKの正面に飛ばしてしまう。

85分に名古と松村を投入して3バックにシステム変更した鹿島に対して、名古屋が後半アディショナルタイムに追加点。GK沖のクリアボールをシミッチが跳ね返すと、バイタルエリア左サイドの阿部がボックス内にダイレクトパス。ボックスやや右寄りの位置からマテウスが冷静に右足ループシュートを決めきった。

このまま逃げ切った名古屋が2-0で完封勝利。2連勝で暫定ながら2位に浮上した。一方、連勝が「2」でストップした鹿島は3試合ぶりの黒星。上位進出に向けて痛い敗戦となっている。

鹿島アントラーズ 0-2 名古屋グランパス
【名古屋】
金崎夢生(前7)
マテウス(後47)