【明治安田生命J1リーグ第31節】
2020年11月3日(火)
13:00キックオフ
横浜F・マリノス(7位/44pt) vs 鹿島アントラーズ(6位/45pt)
[日産スタジアム]

◆ラスト5試合、上位フィニッシュへ貯金を【横浜F・マリノス】

前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し3-1で完敗。ここにきて不安定な戦いを見せることとなってしまった。

8月中旬から約2カ月半にわたった22連戦も終了。久々に1週間試合が空いたことは、チームにとって何よりもプラス材料と言えるだろう。

束の間ながら選手たちもリフレッシュできたはず。そしてこの先に控えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に向けて、再びエンジンをかけ直す時だ。

仕切り直しとも言えるこの一戦、DF畠中槙之輔こそ出場停止だが、ベストメンバーを揃えられる状況だ。アンジェ・ポステコグルー監督が誰を並べるのか。そして、システムはどうなるのか。見応え十分な試合となりそうだ。

★予想スタメン[4-3-2-1]
GK:高丘陽平
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人、ティーラトン
MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
MF:エリキ、松田詠太郎
FW:ジュニオール・サントス
監督:アンジェ・ポステコグルー
出場停止:畠中槙之輔

◆試されるチーム力【鹿島アントラーズ】

前節はホームに名古屋グランパスを迎えたものの、0-2と完敗。策にはまり、3連勝を逃した。

さらに、この試合ではMF和泉竜司とMF三竿健斗が負傷。加えて、MFファン・アラーノが出場停止となり、敗戦の上にケガ人とチームにとっては苦しい状況だが、ここでこそ積み上げてきたものが試される時だ。

コンディション面では相手に分がある中で、シーズン当初から積み上げてきたポゼッションサッカーをどこまで体現できるか。攻撃重視の横浜FM相手となるだけに、大きなチャンスが訪れる可能性は多い。

2位を目指す鹿島としては連敗は許されない状況。試合数こそ違うものの、ここでライバルを倒して上に行区ことができるのか、チーム力、そして真価が問われる一戦となりそうだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:沖悠哉
DF:広瀬陸斗、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也
MF:遠藤康、永木亮太、レオ・シルバ、荒木遼太郎
FW:土居聖真、エヴェラウド
監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ
出場停止:ファン・アラーノ