サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。


39歳を迎えながらもミランで好調を維持するイブラヒモビッチ。これまでアヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなど錚々たるクラブの数々でゴールを決めていた。

その中で最もゴールを決めたのはPSG時代で、公式戦180試合に出場し156ゴール60アシストを記録した。ハットトリックも何度も決めたイブラヒモビッチだが、2014年1月8日に行われたクープ・ドゥ・フランス1回戦のスタッド・ブレスト戦でも見事なハットトリックを決めている。

まずは10分、PSGが左サイドを崩すと、DFマクスウェルのクロスにイブラヒモビッチが上手くアウトサイドで合わせ、先制に成功する。

その後、両チームが点を取り2-1となると、39分には敵陣中央で獲得したFKから、MFチアゴ・モッタのインスイングのボールにイブラヒモビッチがダイレクトで合わせ、リードを広げる。

さらに、直後の42分には、カウンターからFWエディンソン・カバーニのお膳立てを受け、イブラヒモビッチが冷静にGKとの1対1を制しハットトリックを達成した。

イブラヒモビッチのフィジカル、シュート技術、GKとの駆け引きはこの時から衰えていないようだ。