【明治安田生命J1リーグ第26節】
2020年11月3日(火)
17:00キックオフ
サンフレッチェ広島(10位/38pt) vs 浦和レッズ(9位/41pt)
[エディオンスタジアム広島]

◆1試合おきの無得点、今節は?【サンフレッチェ広島】

前節はアウェイでベガルタ仙台と対戦し、0-0のゴールレスドロー。連勝のチャンスを逃してしまった。

試合内容こそ圧倒していたが、仙台の守護神GKヤクブ・スウォビィクの前にゴールを奪えず。再び決定力不足を味わうこととなってしまった。

直近では1試合おきに無得点が来ている状況。内容こそ悪くないだけに、全勝もできたはずだが、結果として勝ち点が伸びきらない状況となっている。

今シーズンの広島を体現しているかの如く、内容と結果が伴わない中で、しっかりと勝利を収めることができるのか。まずはゴールを奪うところからスタートしたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:林卓人
DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔
MF:柏好文、川辺駿、青山敏弘、東俊希
MF:浅野雄也、森島司
FW:レアンドロ・ペレイラ
監督:城福浩

◆アグレッシブさを保ち勝利なるか【浦和レッズ】

前節はアウェイでの大分トリニータ戦で0-0のゴールレスドロー。攻撃面では相手の対策にハマり、何もできなかった印象だ。

大分のゲームプランに飲まれた試合だったが、相手の攻撃もしっかりと凌ぎきり、無失点に抑えたところは評価ポイント。これで5戦無敗となった。

コンスタントにゴールを奪えていた攻撃陣が停滞したところは気になるが、中2日でのアウェイ連戦でしっかりと結果を残して帰りたいところ。まずは、アグレッシブにプレーするところから始めたい。

広島はホームで1-0と辛勝した相手。守備の堅さもあるチームだけに、積極的なプレーを心がけ、ミスを少なくしたいところだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔
MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、汰木康也
FW:武藤雄樹、興梠慎三
監督:大槻毅