明治安田生命J1リーグ第31節、横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが3日に日産スタジアムで行われ、2-3で鹿島が逆転勝利を収めた。

1-3で敗れた直近のサンフレッチェ広島戦から1週間ぶりの試合となる横浜FM。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)との日程の兼ね合いで生じた怒涛の22連戦を終えて、今回は5日の調整期間があった中、スタメンは広島戦から6人変更。畠中は累積警告で出場停止となり、マルコス・ジュニオールや伊藤、水沼が起用された。

一方の鹿島は中2日の過密日程。その名古屋グランパス戦は0-2で敗れたうえ、リーグ戦全試合に出場していた和泉が左ヒザの負傷で最大8週間の離脱を強いられることに。また、ファン・アラーノも累積警告により出場停止で、今回のスタメンはその2人に代わり、荒木と上田が起用された。

この試合もACLの影響で前倒し開催。序盤からボールを保持する横浜FMに対して、待ち構える鹿島という構図が展開される中、10分にFKから鹿島にチャンス。敵陣の浅い位置から蹴り込んだボールをエヴェラウドが頭で折り返したが、2試合ぶり先発の伊藤にクリアされた。

横浜FMも13分、3試合ぶりの先発となった水沼の縦パスに反応したジュニオール・サントスにゴールチャンス。続く14分には左サイドのエリキのクロスを、またもJ・サントスが頭で合わせるが、惜しくも枠を捉えれなかった。

オリジナル10同士の白熱した戦いに先手を打ったのはホームチーム。17分、エリキとのコンビで左サイドを突破した小池がグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ水沼が相手に競り勝ち、右足アウトサイドで押し込んだ。

幸先よく先制した横浜FMはさらに畳み掛ける。27分、カウンターから右サイドを持ち上がった水沼から左のエリキに展開し、一度ボールを中央のJ・サントスへ。ゴール前の密集を狙った突破は失敗するが、こぼれ球をエリキがボックス左から流し込み、追加点を挙げた。

日程の差が出ているのか、横浜FMの攻撃を防ぎ切れない鹿島だが39分、こちらも鋭い攻撃から反撃に出る。左サイドのハーフウェイライン付近から土居が前線へロングボールを配球すると、相手の最終ラインの背後をとった上田が目一杯伸ばした右足で華麗にトラップ。絶妙なコントロールで懐に収めた上田は、DFに体をぶつけられながらも右足でシュートを突き刺し、1点差に縮めた。

ここから攻勢が増した鹿島は、後半から荒木を下げて遠藤を投入しさらに勢いを強めていく。立ち上がりの48分に上田がシュートを放てば、51分にはボックス手前左から永木がドリブルシュート。さらに57分にも上田がゴールに迫るも、ボックス内で相手を背負いながら振り向きざまに放った左足シュートはGKに止められた。

劣勢の横浜FMも60分にCKからJ・サントスがヘディングシュートを放つが、鹿島の勢力は衰えない。62分には速攻を許し、小泉に迫られるが、ここは懸命に戻ったエリキがシュートブロック。するとそのエリキ、69分のカウンターの場面でジュニオール・サントスからボール受けると、ボックス左でカットインからシュートへ。決定機だったが、惜しくも右に外してしまった。

どちらに転んでもおかしくない展開となる中、次にスコアを動かしたのは鹿島だった。77分、途中出場の三竿から前線にロングボールが送られると、相手DFがトラップしたタイミングでボールを奪ったエヴェラウドが左から中央に侵攻。そのままボックス手前まで持ち込み右足一閃。強烈なシュートがゴールに突き刺さった。

これで2点差を追いついた鹿島。選手を入れ替えてテコ入れも図りつつ試合を進めると迎えた84分、その交代で入った伊藤が右サイドからクロスを上げると、ペナルティアークでフリーとなっていた遠藤が左足ボレー。丁寧かつ正確に叩いたシュートがゴール右に吸い込まれ、とうとう逆転に成功した。

その後、5分の後半アディショナルタイムも経過し試合終了。アウェイの鹿島が見事な逆転劇を演じ、過密日程の中2試合ぶりの白星を上げた。一方、敗れた横浜FMは2連敗となった。

横浜F・マリノス 2-3 鹿島アントラーズ
【横浜FM】
水沼宏太(前17)
エリキ(前27)
【鹿島】
上田綺世(前39)
エヴェラウド(後33)
遠藤康(後39)