今夏にレアル・マドリーからトッテナムに移籍したスペイン代表DFセルヒオ・レギロンは、新たなクラブでの生活に満足しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

マドリーのカンテラ出身であるレギロンは、2018-19シーズンにトップチームデビューを果たすと、当時指揮官だったサンティアゴ・ソラーリに重用され、ブラジル代表DFマルセロからポジションを奪うほどの活躍を見せた。

しかし、ジネディーヌ・ジダン監督がマドリーの指揮官に再任すると出場機会は激減。今夏に出場機会を求め、トッテナムへ移籍した。ノースロンドンのクラブではここまで公式戦7試合に出場しており、主軸の座を担っている。

スペイン『El Larguero de la SER』に出演したレギロンは、移籍の際ジダン監督と話しをすることはなかったと明かしつつ、現在のチームメイトやジョゼ・モウリーニョ監督に満足していると話した。

「僕は監督(ジダン)と話をせず、クラブと話し合いをした。彼らが僕の仕事についてどう思ってくれているかは分かっていたけど、決断の必要があったんだ。監督に説明を求めた方が都合は良かったかもしれないけど、そうしなかった。人にはそれぞれ好みがあるしね。年齢を考えると、プレーし続ける必要があったんだ」

「イングランドの時間にはまだ適応していないんだ。5時になるとすべてが暗く見えるしね。プレミアリーグの環境にはうまく適応していると思う。チームメイトのみんなと一緒にいるのは最高だよ。特にソン(・フンミン)と(ピエール=エメリク・)ホイビュルクは良い奴らだ。ここには良いグループがあるよ」

「モウリーニョは本当に素晴らしいよ。彼が僕に走れと言ってきたら、真っ先に走るんだ。僕はこういう激しい監督が好きだ。彼は勝てないと他の監督と同じように怒るけど、同時にとても親密な人だよ」

インタビューの中でレギロンは、自身と同じタイミングでマドリーからトッテナムに1年間のレンタルで移籍したFWガレス・ベイルについて、マドリーでとは違った姿を見せていると話した。

「ベイルは変わったように見えるね。彼にとって言語がすべてだった。彼のスペイン語は僕の英語と同程度だったから。イングランドの習慣が、彼をより快適にしていると思う。一番驚いたのは、クラブが彼のためにゴルフ場を用意しているってことだった。彼はマドリーでも悪くなかったし、僕なら彼と契約するだろうけど、彼が(マドリーに)戻ってくるかは分からないね」

また、レギロンの契約にはマドリーの買い戻しオプションが付随しているが、本人もインタビューのなかで「マドリードは僕の故郷で、すべてを与えてくれた場所だ。将来的なことは分からないけど、戻ってくる可能性はあると思う」と語っている。