ミランのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が主力選手との契約延長に言及した。イタリア『スカイ』が伝えている。

今季のセリエAで5勝1分けと好調をキープしているミラン。その一方で、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)や、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(21)、トルコ代表MFハカン・チャルハノール(26)といった主力3選手が今季限りで契約切れとなる。

契約延長が急がれるなか、マルディーニTDは5日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループH第3節のリール戦後、イタリア『スカイ』で主力勢との契約問題に触れ、イブラヒモビッチとの延長に含みをもたせた。

「契約満了の選手はドンナルンマとチャルハノールだけではない。私は41歳までプレーした。すべての選手がそれぞれ異なり、イブラは特別だ」

また、ドンナルンマやチャルハノールについても契約延長に向けて動き出していると明言。代表ウィーク中に代理人と交渉を進展させるのかと問われると、こう語った。

「毎週したいね。連絡は取っている。我々は全てを明確することに焦点を当てている。様々な交渉を続けている。他の週よりも良いときはない」