バルセロナのロナルド・クーマン監督が不調のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを擁護した。スペイン『マルカ』が伝えている。

今夏退団を希望するなど、紆余曲折を経てバルセロナに残留したメッシ。今季はチャンピオンズリーグ(CL)で3ゴール2アシストと結果を残しているものの、ラ・リーガでは開幕戦でのゴールのみとなっており、パフォーマンス低下が指摘されている。

しかし、7日に行われるラ・リーガ第9節のレアル・ベティス戦に向けた記者会見に出席したクーマン監督はメッシが攻撃の核だとコメント。不調はどの選手にでもあると擁護している。

「素晴らしい選手だ。まだまだ多くのクオリティを持っており、それを示してくれている。この前の試合でもPKを獲得していたし、常に違いを生んでくれている。彼はまだ決定的な選手だ。相手にダメージを与えられるから起用したい」

「特に攻撃において非常に重要だ。偽9番やウィングなどさまざまなポジションでプレーしてきた。我々はそこで起用したいと思っている。それは、常に相手に問題を引き起こさせるからだ。調子も良く、強く見える。常にこのスポーツを楽しんでいるよ」

「メッシは勝者。それは示している。誰にだってあるように、彼は難しい時間を過ごしていて、ボールに関われていない。だが、とても熱心なサッカー選手だ。選手は試合中に歩いているときに写真を撮られる。しかし、私はそれを見ていないし、興味もない」

「彼の態度とアイデアはとても良いね。議論することには賛成しない。2-1の状況で93分の時に彼が歩いている写真を撮っても…画像では、彼の仕事はわからない。彼を傷つけることには同意しない」