今月のUEFAネーションズリーグに臨むフランス代表でメンバーの入れ替えがあったようだ。フランス『レキップ』が報じている。

5日に召集メンバーが発表されたフランス代表は、11日にフィンランド代表と国際親善試合を戦った後、14日にネーションズリーグ・リーグAグループ3のポルトガル代表戦、17日に同スウェーデン代表戦に臨む。

その矢先にレアル・ベティスのFWナビル・フェキルが負傷。『レキップ』によると左ハムストリングのケガで、招集を辞退したようだ。

代わりに呼ばれたのはリヨンFWフセム・アワールだ。先月のウクライナ代表との親善試合でフランス代表デビューを果たしており、7-1で大勝した中で2アシストの成績を残した。

今夏にはアーセナル行きが取り沙汰されたが、残留を決心し迎えた新シーズンは、ここまでリーグ・アン7試合で2ゴール1アシストを記録している。