イタリアサッカー連盟(FIGC)は7日、今月に行われる国際親善試合とUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたイタリア代表メンバー41名を発表した。

新型コロナウイルスの陽性判定を受けたロベルト・マンチーニ監督は、ミランのDFダビデ・カラブリアとアタランタのMFマッテオ・ペッシーナを初招集とした。また、ボローニャのMFロベルト・ソリアーノが4年ぶりに代表復帰を果たしている。

一方でDFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)、負傷によりMFマルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)らが外れている。

イタリアは11日にエストニア代表と親善試合を戦い、15日にUNLでポーランド代表と、18日にボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆イタリア代表招集メンバー
GK
サルバトーレ・シリグ(トリノ)
※ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)
※アレックス・メレト(ナポリ)

DF
フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)
ダビデ・カラブリア(ミラン)
アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
※レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
ドメニコ・クリーシト(ジェノア)
ルカ・ペッレグリーニ(ジェノア)
ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ)
クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ)
ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
レオナルド・スピナッツォーラ(ローマ)
ジャンルカ・マンチーニ(ローマ)
※アレッサンドロ・フロレンツィ(パリ・サンジェルマン/フランス)
アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム/イングランド)
エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド)

MF
マッテオ・ペッシーナ(アタランタ)
ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ)
マヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)
ロベルト・ソリアーノ(ボローニャ)
サンドロ・トナーリ(ミラン)
ニコーロ・バレッラ(インテル)
ロベルト・ガリアルディーニ(インテル)
ブライアン・クリスタンテ(ローマ)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
※ジョルジーニョ(チェルシー/イングランド)

FW
※モイゼ・ケアン(パリ・サンジェルマン/フランス)
ピエトロ・ペッレグリ(モナコ/フランス)
ヴィチェンツォ・グリフォ(フライブルク/ドイツ)
ステファン・エル・シャーラウィ(上海申花/中国)
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス)
※フェデリコ・キエーザ(ユベントス)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
※ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
ケビン・ラザーニャ(ウディネーゼ)
リッカルド・オルソリーニ(ボローニャ)
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
フランチェスコ・カプート(サッスオーロ)
※はUNLの2試合のみ参加