リーグ・ドゥのトゥールーズは10日、元フランス代表GKファビアン・バルテズ氏(49)をトップチーム及びユース部門のGKコーチに任命したことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。

フランス代表として87試合に出場し、フランス・ワールドカップ、ユーロ2000優勝に貢献したバルテズ氏。クラブレベルではマルセイユやモナコ、マンチェスター・ユナイテッドで活躍した。トゥールーズは1990年にプロデビューを飾ったクラブで2年間在籍していた。

2007年に現役引退後はレーサーに転身し、ル・マン24時間耐久レースにも参戦していた。

トゥールーズにGKの養成学校を設立しているバルテズ氏だが、指導者としてプロクラブに関わるのは今回が初めてとなる。